読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

front

mizaの日記だったりメモだったり

出会いについて、そして沖縄

※この記事はICT アドべントカレンダーの20日目の記事です

昨日はふくいいんちょのmitoさんです。

mitoavadn.hatenablog.com

 

最初にちょっと自己紹介:

横浜の某企業につとめるサラリーマンのオッサンです。

小学生の時、イトコの家で見たワンボードコンピュータのTK-80に感動し、近所の電器屋で朝から晩まで店頭プログラミングをしているうちに店員よりもコンピュータに詳しくなりそこらのオッサンに売りつけつつ(当時はそんなコンピュータ少年がけっこういました)はじめて買ったのがPC-6001。その後、友達の天才プログラマにセンスの差をみせつけられ「コンピュータでは食えない!これは趣味にする」と固く心に決めて、海外への野望に切り替え。大学卒業後、ベトナムの孤児院での仕事が決まり、渡航前にちょっと小銭を稼ぐためにパソコン通信屋で仕事したのをキッカケに、帰国後ネットの世界へどっぷりと。

気がつけば、モバイルやら新規事業やらの日々。気がつけばリストラの波をかぶり早期退職。せっかくのチャンスなのでフィリピン留学してきたら「は!南の島が呼んでいる!」などと思いつつ今の会社に拾ってもらったのが去年の秋でした。

 

「コンピュータとプログラムが大好きでたまらない学生はどこにいるのかな?」
おもえば社長が発したその一言から私の沖縄への旅がはじまった。

(中略)

某政府機関の沖縄視察ツアーがあるけど参加する?

 Yes:参加する←

 No:参加しない

 

某政府機関により沖縄へ送り込まれた私はついに沖縄高専へとたどり着いた。

講堂で素晴らしいプレゼンを聞きつつ、潜入工作をスタート。

プレゼンを終えた学生さんがいるぞ。話しかけてみる?

 Yes:話しかける←

 No:隠れる

 

どうやらICT委員会の構成員らしい。活動拠点を聞いたぞ。遊びに行く約束をする?

 Yes:あとで遊びに行く約束を強引にする←

 No:お礼を言って帰る

 

M教授があらわれた、プレゼンする? 

 Yes:必死にプレゼンをする←

 No:あいさつして帰る

 

なんだか怪しまれつつも、教室へさそってくれたぞ。行ってみる?

 Yes:学生さんと約束したんでーもちろん行きまっす。←

 No:またこんど

 

M教授と一緒に教室へついたぞ。なんだかプレゼン大会をするらしいぞ。見てみる?

 Yes:おもしろそー!もちろん見る!←

 No:あまりグイグイいってもなあ。帰る

 

感想を言ってほしそうにこっちを見ている。正直に答える?

 Yes:正直に感じたことを超上から目線で偉そうに語る←

 No:社交辞令でほめまくる

 

とりあえずいろいろ話はできたが、今日の宿を予約してないぞ。泊まるところを聞く?

 Yes:学生寮に泊まらせてと頼む←

 No:そのへんで野宿

 

明日は入学試験なので断られたぞ!しかも基本的に部外者はNGだ!名護に行くタクシーを呼んでもらう?

 Yes:タクシーで名護へ←

 No:辺野古の海岸で野宿

 

 名護はウォーキング大会前日なのでどこもホテルは満室らしい。

とりあえず最初のホテルに突入して聞いてみよう。

あれ、ツアーで一緒だった人がいるぞ。話しかけてみる?

 Yes:これも運命だ。とりあえず声をかけてみよう←

 No:話してもしかたない、次のホテルへ急ごう

 

まだチェックインをしていないらしい、フロントに聞いたらベッドは2つ。

一緒に泊まれるか頼んで見る?

 Yes:袖すり合うも他生の縁、一緒に泊まろうと頼み込む←

 No:そんなこと頼めるわけ無いだろ!ほとんど話ししたこともないのに

 

快諾いただけた!しかも次の日は美ら海水族館からの今帰仁城寄っての首里城まわっての、レンタル自転車で瀬長島でサンセット。

沖縄最高!(もちろんこの日の出張費はでなかったぞ!)

 

沖縄高専のみんながあまりのグイグイ来る感じに怪しんでるらしい。どうする?

 Yes:本物のエンジニアをみせてやんよ 社長を送り込む←

 No:てきとーにごまかす

(後略)

 

ということで

私の人生は常にYesを選択しつつ、まわりの善意に助けられながら続いている気がします。こんな馴れ馴れしい人間ですが、会社の技術力は本物ですので末永くお付き合いいただければ幸いです。

来年こそはもっといっぱい遊びに行きたいと思いますので、よろしくお願いします。

再起動

そういえば最近ブログを書いてなかったなあということで再起動。

というかひさしぶりにぎっくり腰気味。 

考えられる原因

・先週職場で珍しく座っていることが多かった

・最近寒い

・風呂で頭を洗う時の姿勢(床においた洗面器に頭を突っ込む

・毎日のストレッチを三日間ほどさぼった

 

年末に向けてはよ治さなければ

純粋にベタ、でもそれがいい「くちびるに歌を」

cinema

kuchibiru.jp

都会で傷ついた美人ピアニストが臨時教師として五島列島の小さな島へ赴任する。
もうこのベタっぷりからスゴイのですけど、その美人教師は超ツン(デレなし)だわ、部長は男嫌いの幼なじみの女の子で普段は超元気だけど…とかフラグ立ちすぎ。
しかし、中学生たちの純粋ながんばりで越えられる。
 
やはり日本映画の真骨頂はみんなの不幸を散りばめつつも明日へ向かって生きるってとこだと再認識しました。
 
ラストはアンジェラ・アキの「手紙」の威力でド頭掴まれて感涙。
春を前にこういう映画もいいものですな。
 

 

くちびるに歌を (小学館文庫)

くちびるに歌を (小学館文庫)

 

 

 kindleで無料お試し版もあるので是非!

くちびるに歌を お試し増量版

くちびるに歌を お試し増量版

 

 

 おもわずポチっちゃいました。

手紙~拝啓 十五の君へ

手紙~拝啓 十五の君へ

 

 

イギリス伝統のシモネタ満載「チャーリー・モルデカイ」

cinema

www.mortdecai.jp

ジョニー・デップのニューキャラとかいっさい関係ないアホ映画です。
見どころは用心棒のエロ&バイオレンスかなあ。
個人的にはモンティ・パイソンでお馴染みの英国式ゲロネタがそこそこはいってるのがお気に入りポイント。(ちなみに米国式はゲリネタ)
 

 

Mortdecai

Mortdecai

 

 

 

チャーリー・モルデカイ (1) 英国紳士の名画大作戦 (角川文庫)

チャーリー・モルデカイ (1) 英国紳士の名画大作戦 (角川文庫)

 

 

予告編は最高だったのにちょっと消化不良気味かも「アメリカン・スナイパー」

cinema


映画『アメリカン・スナイパー』オフィシャルサイト

テキサス生まれのロデオ好きカウボーイだった主人公がSEALsのスナイパーとして四回にわたるイラク派遣で160人を射殺。敵からは「ラマディの悪魔」と呼ばれた男の実話をもとにした映画。
訓練描写ではフルメタル・ジャケットのネクラデブを超えず、戦闘描写ではプライベート・ライアンオマハ・ビーチの戦慄は覚えず、スナイパーモノとしても山猫は眠らないの焦燥感を感じない。ただアメリカのイラク派兵の徒労感は痛いほどに描かれている。伏線っぽいのもほぼ回収されてない気が…
クリント・イーストウッド監督はキライではないけど本人の気合が入りすぎるので実話物はあまりむいてないかもしれない。
 
といっても期待がでかかったゆえの現時点での評価ですけどね。いま観ておくべき映画の一本であることは間違いないと思います。
 
-----以下妄想-----
続編として「アメリカン・ドローン」に期待。
基地の奥でソーダ飲みながらゲームコントローラー握って無人攻撃機で「蛮人」を「排除」しまくりつつ、罪の意識でおかしくなったけど恋人の愛で人生を取り戻す可哀想なアメリカ人青年と、運悪くテロリストに支配されてしまった村で無人機に無実の家族ごと皆殺しにされた少年の人生の対比でお願いします。
-----妄想終わり-----
 
クレジットで気になったのは主人公の財団のマークがなぜか「カエルの骨」。
公式ベージを読むとSEALsのシンボルなのね。

Chris Kyle Frog - About

 

 

アメリカン・スナイパー (ハヤカワ文庫 NF 427)

アメリカン・スナイパー (ハヤカワ文庫 NF 427)

 

 

 

ネイビー・シールズ最強の狙撃手

ネイビー・シールズ最強の狙撃手

 

 

フローレンのビッチぶりがすげえ「劇場版 ムーミン 南の島で楽しいバカンス」

cinema


アニメ 劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス 予告編 2015 - YouTube

映画『劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス』公式サイト

質素ながらも幸せなムーミン谷をでて、南国リゾートのリビエラに来たはいいけど金と愛欲にまみれた満たされないココロ…いわゆる都会のネズミと田舎のネズミストーリー。のんびりとした描線のムーミンたちが風の吹くまま冒険をしていきます。
というといつもの牧歌的な雰囲気のなかで鼻につかない「教訓」というか「人生のヒント」みたいなのが出てきそうですが、全編通じてフローレンのビッチ的暴走がひたすらつづきます。足首の「ヤリマンリング」は伊達じゃなかったんだろうなということがわかりました。スナフキンやらパパはムーミンにもう少しアドバイスしたほうがいいんじゃないかと個人的に心配になりました。
 

 

トランスフォーマーのマイケル・ベイ監督の愛があふれる高予算アホ映画「ミュータント・タートルズ」

cinema


映画『ミュータント・タートルズ』公式サイト

突然変異したカメとネズミが地下で秘密基地つくって悪の組織を倒すとか設定自体がすでに突っ込みどころ満載ですが、それ以上に映画の各シーンがものすごく金かかっていて観ているだけで贅沢な気持ちになれるアホ映画。
基本的な流れは昔のアニメ版やキグルミ実写版と同じなのですが、マイケル・ベイ監督の愛と金を突っ込んであるので気持ちいいし安っぽくない。クライマックスの雪崩シーンとかほぼコント進行なんですけど演出がすごすぎるのでついつい笑いながらも見入ってしまいました。
主人公のミーガン・フォックスがこのみではないのが唯一の不満ですけどね。これを機にFC時代のゲームとか復活しないかな。
 

 ちょっとこれ欲しい。

レゴ ジュニア・ミュータント タートルズのかくれが 10669

レゴ ジュニア・ミュータント タートルズのかくれが 10669

 

 

 おおお、あの雪坂シーンを再現できるのか!

レゴ ミュータント タートルズ ビッグリグの雪道逃走 79116

レゴ ミュータント タートルズ ビッグリグの雪道逃走 79116

 

 

 

ミュータント タートルズ大全 (ShoPro Books)

ミュータント タートルズ大全 (ShoPro Books)